単身 引越し

繁忙期を避け単身引越しはとってもお得!(体験談)

 

 

単身引越しで【絶対に失敗しない方法】とは?

 

 

単身引越しを6月の繁忙期ではない時期で行ったので、2万円以内の料金で出来たことが良かったです。

 

また、引越しを決めてから実際に引っ越すまでの期間が10日ほどしかなく、見積もりに来てもらう時間がありませんでした。

 

しかし、電話での見積もりが正確にできたため、当日のトラブルなどもなかったです。

 

電話の応対もとても良く、18時を過ぎても電話受付可能なので、仕事をしながらでも引越しの段取りが順調にできたと思います。

 

当日のスタッフの方も3人来てくださり、引越しの作業自体も1時間半程でおわりました。

 

見積もり時に言っていなかった観葉植物なども、快く運んでくださりうれしかったです。

 

また引越しをするときもこちらを利用したいです。

 

引越しは春にすると値段が高いので、6月以降の時期にすると安く済みます。

 

引越し希望の日時の予約も取りやすいです。

 

また、友達や家族に協力してもらえる環境なら、手伝ってもらうことが大切。

 

全てを一人でしようとすると、仕事を持っている人は特に大変です。

 

片付けや掃除など、想像以上に作業が必要なので、ひとりでは難しいです。

 

また、引越し業者の見積もりは複数したほうが良いです。

 

インターネットで探すだけではなく、不動産屋の紹介の割引も見たほうが良い。

 

意外と不動産屋の紹介のほうが割引き率が高く、実際のところ安く済みます。

 

あとは不要なものや古くなったものは潔く捨てることが大切。

 

新しい家に不似合いなものも捨てると効率的です。

 

単身引越し体験談No1(サカイ引越しセンター)

 

 

単身引越しで【絶対に失敗しない方法】とは?

以前自力で単身引越しをしたが、
今回は時間などの都合で業者(サカイ)に頼んだ。

 

荷物を運ぶ前に、部屋を傷付けないよう、壁や廊下など触れそうなところは至る所まで毛布や緩衝材でカバーしてから作業を行ってくれた
。おかげで、部屋に余計な傷が付かなくて、とても有難かった。

 

また、荷出しが終わった後、確認して欲しいと、トラックの中も見せてくれたため、非常に安心出来た。
別のところで引越しをお願いしたときは、段ボールが一つなくなったことがあったので、サカイは信頼性が高いと感じた。

 

引越しの荷物が運び終わったあと、10分サービスというサカイ独自のユニークなサービスがあり、
1人では大変なLEDライトの設置や、簡単な組み立てもしてもらうことが出来、非常に有難かった。

 

引越しは、引越し業者に任せるべきだと痛感した体験だった。

 

 

 

引越しを行う際のアドバイス(荷物関係)

 

単身引越しで【絶対に失敗しない方法】とは?

衣類は、衣装ケースに詰めておく。
また、引っ越し前後に必要な下着、タオル、洋服類などは、別に除けて置く。

 

ガラスの食器類は、洗ったあと、安いサランラップでグルグル巻きにし、重ねて置くと割れ難く、すぐに使うことが出来る。
このとき、重ねた食器同士が音がしないことを確認しておく。

 

引越し前後のために、ある程度お箸などの常備はしておいた方が良い。

 

荷物を積んでもらうときに、一々指示をお願いしていられないため、段ボールの三箇所(上部、側面2箇所)に目立つカラーテープを貼り、そこに何が入っているか記載しておく。こうしておくと、引っ越し先でも一々確認する手間が省けるため、効率も良い。

 

そして、玉紐が必要なものは、業者さんに任せた方が無難だと思います。

単身引越し体験談No2(アリさんマークの引越社)

アリさんマークの引越社を使った感想

 

単身引越しで【絶対に失敗しない方法】とは?

単身引越しを先日行いましたが、一括見積を行い、
一番安かったアリさんマークの引越社にしました。

 

段ボール詰めはこちらで行い、大きな家具(冷蔵庫や洗濯機)の梱包のみ任せました。
2人だけでしたが素早く梱包してくださり、運び出しももちろんテキパキとされていました。

 

運びだし時はもちろん、都内から県外(移動距離800キロ程度)の引越でしたが引越し先にも傷一つなく運んでいただきました。
引越し作業中ありがたかったのはほうきを貸し出してくださったこと。

 

段ボールに詰めてしまった後に掃除することに気づいたため放棄を買いに行かなければならないと思っていたところだったのですが、
トラックに積んでいたほうきがあるとお声掛けいただいたので大変助かりました。

 

 

 

引越しをする際に気をつけた事

 

引越し業者を選ぶ際は、県外への引越なら一括見積を行い一番安い業者にするといいと思います。

 

ただ、引越し先が県内の場合は赤帽または、その地域の引越し業者を探すといいと思います。
その地域の引越し業者の場合、割引を行っている場合があります。

 

単身引越しで【絶対に失敗しない方法】とは?

引越しの際、必要のない家具はリサイクルショップを探します。
私が引越しした際は、移動距離が遠かったこともあり、家具を引越し先に送るよりも処分して
引越し先で安い家具を買ったほうが安くつく家具がありました。

 

そのまま捨てると粗大ごみとなって料金がかかるのでリサイクルショップに見積もってもらいました。

 

ほぼタダに近いものもありましたが、無料で引き取ってもらえたので処分にお金がかかることを考えると
やはりリサイクルショップのほうがお得だなと思いました。

 

また、私が依頼したリサイクルショップは家具を売ったらゴミ袋何袋まで無料で引き取ります。

 

というオプションがあったので合わせてゴミも持って言ってもらえて引越しが楽になりました。

 

 

更新履歴